1月29日(日) 前日の天気予報は雪後曇り。駄目元で車を福井の護摩堂山に向かわせていた。白山展望の山として冬の護摩堂山や取立山は素晴らしい。しかし山頂からの撮影で満足するためには青空、純白の雪、雄大な白山とそれにもう一つ重要なファクターとして雪が被った木々だ。特に杉の木は雪が被っていないと、その部分が異常に黒っぽく写り込み趣が無くなる。そんな雪が被ったモンスターを求めて護摩堂山へ…。雪の状態はどうだろうか?等と考えている内に予報に反し天気がドンドン回復してきて太陽が顔を出す!




 おいの水谷手前の駐車スペースには福井ナンバーの車が1台。前日の天気予報が悪かったせいか思ったより登山者が少ない。少し歩いておいの水谷からスノーシューを履いて登り始める。どうやら先行者は山スキーヤー1〜2名のようだ。まっさらの雪の上に先ほど通ったようなウサギの足跡が描かれていた。





 林道を暫く進むと山スキーのトレースが林道を外れイッキに高度を稼ぐかのように急坂を登り始めていた。まだ身体が温まっていない私としては、もう少し林道を歩き慣らし運転。今度は私が何にも描かれていない雪の上をサクサク歩く。気分はすこぶる良いのだがラッセルが辛い。たとえスキーのトレースといえどもその上を歩くのと何も描かれていない雪の上を歩くのでは疲れ方が違う。




 林道を外れ杉林の中を進む。杉林の中は意外と雪が締まっていて若干歩き易い。







 シャドーへぼつり師です!







 西山でしょうか?天気が良くて気分がイイです。







 途中またスキーのトレースと合流。かなり疲れてきたので遠慮なくスキーのトレースを使わせて頂く。そのトレースが山頂に向かってどんどん右方向に進んでいく。今まで何度か護摩堂山に登った時のイメージと違っていたが、登りきった先は見覚えのある風景だった。このコース取りの方がベストだと取立山を前にして思った!





 谷峠からの登山道との合流地点。目の前の急坂を登りきれば山頂まではもう少し!












 急坂をまるでエベレストに挑戦している登山家のように一歩一歩ゆっくり休んでは登り、休んでは登り…。やがて牛歩で登りきった!後ろを振り返るとそこには絶景が!






 スキーのトレースを追いながら杉の木の間を縫うように進む。ここまで酷使してきた大腿四頭筋が悲鳴を上げてきた!






 これが今日の目的モンスター。







 取立山を眺めながら最後の一頑張り!取立山には多くの登山者が登っているのでしょうね!







 勝山方面。







 ここまで登るのに予想以上に時間が掛かりすぎた。スキーヤーも既に別ルートで下山しているのだろう。







 あれっ!別山に雲が掛かってよく見えない…。これじゃ白山も駄目か!







 ついに山頂に到着。青空、純白の雪、杉の木のモンスターとここまで順調だったが最後の白山が見えない。







 もう既に下山したと思っていたスキーヤー2名がモンスターの横で冷たい風から逃れるように休んでいた。挨拶とトレースを利用させていただいたお礼を言って、まだ誰も歩いていない純白の雪の上を白山が目の前に見えるポイントまで進む。












 暫く白山展望ビューポイントで待っていたが姿を現さなかった。先ほどのスキーヤーの話によると私が到着する前まで綺麗に見えていたそうだ。残念!!!






 取立山へ続く稜線。雪が綺麗ですね!







 護摩堂山山頂のシンボル反射板。







 私の足跡が延々続いている。







 登るのに予定以上に時間を費やしてしまって、時計はもう1時を回っている。立ったまま軽い食事を摂り、温かいミルクティーを飲み干す。






 下のほうから雪雲が湧いてきたので急いで下山する事に。モンスターの陰で休んでいたスキーヤーはもう居なかった。山頂には私一人となり急に寂しさが込み上げてくる。






 雪がそんなに降った訳でもないのに下山途中ほんの20分程前の自分のトレースが所々消えていた。積もったサラサラ雪が稜線に吹く強い風に舞い足跡を消し去るのだ。そんな自然の力に驚き、誰も居ない山頂で孤独を感じ、疲労で大腿四頭筋が痙攣を起こしそうになり、何だか少し怖くなってきた。





 急坂を足をかばう様にゆっくり下り、谷峠からの登山道に合流した時には嘘のように大腿四頭筋の痛みは取れてホッとした。杉林の中を進んでいると粉雪がお日様の光りに耀きながら、キラキラと幻想的に舞っていて綺麗だった。

 

 

Home 番外Top