1月22日(木)金沢に大雪が降った。22日には一日で50cmも積もり、実に3年ぶりの大雪だそうだ。雪は25日(日)まで降り続き、連日金沢の大雪がニュースに取り上げられていた。毎日が除雪作業で、特に24日(土)は車が家から出れない状態で、何とか大通りまで出すのに午前7過ぎから午後3時ごろまでかかった。本当に疲れ果てボロボロになった。でも27日(火)ぐらいから正常に戻り今日2月1日は快晴だ。
 雪は確かに大変だが、でも冬に雪は当たり前!もっと雪を楽しもう!ゲレンデスキーやスノボーだけが雪の楽しみ方じゃない。そうだカンジキとデジタルカメラを持って、スノートレッキングに出掛けよう!
 という事で、午前8時過ぎ金沢郊外の白山比盗_社近く樹木公園に到着した。
  
 今朝の金沢は氷点下1.7℃。雪がガチガチに締まっていて、雪の上に立っても全然足が沈まない。カンジキを付けなくても楽に歩けた。公園の横の通りは、スキー場に向かう車がひっきりなしで少々騒々しかったが、一歩公園に入ると、人っ子独り居なくて、静寂で、雪化粧が綺麗で、別世界であった。
  
 公園の入り口近くは、クロスカントリースキーの練習をしていたのかスキーのラインがくっきり残っていた。さらに奥に進むと、人が歩いた跡が無く、その代わり小動物の足跡が所々で見る事が出来た。でもどんな動物の足跡かが分からない。途中リスを見掛けたがリスだろうか?
  
 坂道を登っていると、足が沈んで歩けなくなり、カンジキを付けた。それでも20cmぐらい足が沈んだので、なるべく沈まないようそっと歩いた。(そっと歩いても無駄だったかな?)歩いていて、周りに木が多いと雪が軟らかく、少ないと雪が硬いような気がした。
  
 この公園は子供が小さい頃よく来たもんだった。家から15分という近さもさることながら、奥に進むと人も少なく自然を十分楽しめた。ガスコンロを持って来て、インスタントラーメンをよく食べたが、こんな所で食べるインスタントラーメンは何故だか凄く美味しい。またカップめんより袋に入ったラーメンのほうが特に美味しい。
  
 デジカメで画像を撮りながらゆっくり歩いた。1時間以上歩いただろうか、公園をぐるっと一周し公園の入り口に戻ってきた。公園の入り口では小学生がクロスカントリースキーの練習をしていた。大きなカメラを持ったカメラマンも1人…、足が雪に沈み苦労して歩いていた。
 先週の大雪で大変な目に有ったのが嘘のような、穏やかで最高の天気だった。