ゴールデンウィーク最終日の5月6日水芭蕉を見るために白峰の大嵐山に向かう。6時前に起きた時には朝日が射し込むほどだったが、家を出ようとしたとき雨がポツポツ。天気予報を確認しても青空は望めそうにも無い。大嵐山山頂は諦めて水芭蕉を見るだけなら駐車場から然程距離も無いので、少々の雨は覚悟の上で撮影助手を連れて白峰へ。





 10時ごろ駐車場に着いた頃には雨はザアザア降りとなっていた。こんな悪天候で水芭蕉を見に来る物好きはあまり居ない事を広い駐車場にまばらに置いてある車が物語る。撮影助手をこんな雨に濡らすのは申し訳ないと車のエンジンを再び始動し帰ろうとすると「折角だから見に行こう」と声が掛かる。やはり雨が小降りになるのを待っていた団体さんが痺れを切らし山に入る。20分ほど田んぼと化した山道を進むと眼下に水芭蕉群が!




 撮影助手に傘を差してもらい、雨の中三脚を立て撮影する。







 ガスも出てきて幻想的な雰囲気に!







 徐々に雨脚も強くなり時々稲光と雷が…。こうなると落ち着いて撮影どころではなく撤収です。山奥に可憐で静かに咲く水芭蕉をゆっくり愛でる暇も無かったGW最終日!

 

Home 番外Top