我が家ではお盆休みに何処か遠出をする習慣があまり無い。もっぱら実家の輪島に出掛けて墓参りツアーが恒例行事で、子供がまだ小さかった頃は実家で終始ノンビリ凄したものだった。午前中のまだ海の綺麗な時間帯に出掛け、スキンダイビングもどきで子供より自分が楽しんで、午後からは独りで海釣りを楽しみ、どこか井上揚水の少年時代を感じさせるようなお盆休みだった。その後父も他界し子供たちも大人になってそれぞれ休みが合わなくなり、以前とは違ったお盆休みの過ごし方になった。数日は自宅でボ〜ッと過ごす事も多くなったかな?
 8月15日私のお盆休み最終日。嫁さんと娘は仕事へ、息子は遊びに出掛け、昨日同様独り自宅に残された私はお盆休み最終日をどう過ごす?




 お盆休み前にいろんな事があり仕事が山積み。14日は自宅でプライベートな時間を会社に奉げ、本日は1時間ほど会社で明日の準備を済ませ、(でも私の事、仕事中毒な人間と思わないで下さいね笑!小さなプライドで頑張ってるのですから!)パン屋でサンドイッチを買ってお出掛けです。医王山方向に車を向けさせたのですが天気が今一。まあ西尾平でランチでもイイかな?西尾平に到着するも激暑!それにここでランチはチョッと恥ずかしいかな?それじゃしらがくびから白兀山でも登りますか!



 しらがくびに車を止め車外に出るとメジロアブが飛び交っている。これじゃ渓流に行ってると死んでたな(笑)標識には白兀山まで25分と表示してあるが、雪の時期のことを考えると「そんなに早く着くのかな?」て感じです。そうそう実は降雪期以外の白兀山は初めてなんですよね!登山道は熱帯雨林と化しています。





 こんな狭いところ通れるかな?







 25分はゆうに越えています。後もう少しって雰囲気ですが…まだかな?







 ついに到着30分以上掛かったかな?山頂には誰も居ません。貸し切り状態です。先ずは汗を拭いデオドラントスプレーで爽快になるはずでしたが、その後も汗が出っぱなし!これじゃ暑くて誰も来ないはずですね。見晴台に登り辺りを見渡すと北アルプス北方稜線に剱岳が薄っすらと見えている。デジカメで撮るも剱岳は確認できず。老眼でも人間の目って凄いですよね!




 僅か30分ぐらいの登山ですが山気分を充分堪能!雪の多いシーズンはこの見晴台もスッポリ雪の下。と言うことは3m以上の積雪か!






 奥医王方向。まだまだ雲が多いですね。







 見晴台の方位盤で山を同定。普段よく山遊びに登る高尾山が画像の中央付近に確認できた。高尾山から医王山を見ると奥医王の陰で白兀山は見えないものと思い込んでいたが、それが間違いだと気付いた。順尾山も微妙に見え隠れ?





 内灘方向にポッカリと浮かんだ白い雲!







 デジカメで撮影したり、友達にメールを送ったり、美味しいサンドイッチのランチを食べたりして1時間ほど山頂で過ごした。たまに吹く風は気持ちイイのだが、やはり今日は暑い!下山前にお地蔵さんに賽銭をあげ手を合わせる。よく見るとお地蔵さんのお召し物に最近白山で出合ったあの医王山名物お婆さんの名前が書いてありました。





 下山時に3名の暑さ大好き登山者とすれ違う(笑)こうして見ると冬の時期に歩いたコースが分かる。右の高い杉の木は一番寒いころモンスターに変身する木ですね!






 車の所まで戻ってくると青空が…。まあ雨に降られなかっただけでOKとしましょうか!

 

Home 番外Top