3月13日小松市にある鞍掛山に「マンサクの花」を見るために登山に出掛けた。
 私の勘違いで、1週間後の20日に登山すると思い込んでいたが、登山同好会のリーダーに12日早朝私の勘違いを指摘され、仕事が終わった後大慌てで準備をした。

 当日は絶好の登山日和。「普段の行いが良い」と自画自賛!

既に数台の車が登山口に駐車
低山だが人気が高い山だ!





地図でルートを確認
鞍掛山は何本もの登山ルートがある





いよいよ鞍掛山登山スタート!


薄暗い杉林の中を進む

   


全行程の半ばで姿を現した鞍掛山

岩場でかなり急坂もありました

山頂からの風景

   

 マンサク(満作)の花の由来は「春になるとまず咲く花」という話と、この花が沢山咲く年は「豊年満作」になるという話がある。
 山を登りながらあたりを見渡すが、なかなかマンサクの花を見つけることが出来ない。たまにポツポツとマンサクの木に少しだけ花が咲いているが、まだ早過ぎたのか。そう云えば1週間前はかなり雪が降った。ちょっとだけ残念。でも山頂からの360度展望は素晴らしかった。春特有のボ〜ッとした感じがまた趣がある。春霞?黄砂?
 山頂から少し下がった非難小屋の前で焼き鳥宴会。その合間を縫って「マンサクの花」を探す!


   


山頂付近の非難小屋前で焼き鳥宴会




帰りは別ルートで下山!雪が多かった





自然の迷彩色ナツツバキの幹

下山途中、岩から生えている松ノ木を発見
どこから水や栄養を取るのか?

なんとも不思議な松ノ木


無事下山、この後貸しロッジで焼肉宴会!