2月17日(日)1月に降り続く雪とラッセルで敗退した白山展望の山「護摩堂山」に再び向かう。天気予報は午後から晴れマーク。ゆっくり登りちょうどお昼ごろ山頂に到着すれば青空の下、白山を見ながらランチを楽しめるとほくそ笑む。不安要素があるとすれば昨晩降った新雪の量でしょうか!





 不安的中!スキーのトレースがあるものの新雪ラッセルがきつ過ぎる。体力の消耗を防ぐためにスキーのトレースから1cmも離れることが出来ない。悪戦苦闘でも私の進むスピードがあまりも遅すぎるため、途中親子の登山者に追いつかれ、少し悪い気がしたが先を譲ってしまった。





 谷峠からの林道を超えて急坂を喘ぎながら登ると風景は一変する。モンスターと呼べるレベルでもないが新雪を被った杉の木に気分は高揚する!






 獣の足跡すらない純白の雪原!







 有難い先行者のトレース!このトレースが有ると無いのでは体力の消耗が10倍違う。右奥に見えるのは大人気の取立山。お日様に大きな傘がかかっている。






 山頂に近づくと不意に別山から順に白山が見えてきた。遠くに先ほどの親子が力強く進むのが確認できる。







 頑張って登って来て神様からご褒美貰ったような白山展望!















 山頂まであともう少し!







 ついに山頂到着!山頂まで導いて頂いた親子にお礼を言い、ついでに横に座らせて頂き白山をご馳走にランチタイムです。話を伺うと共通の知り合いが何人も居て、「山の世界は狭いな」と思わず笑みが!






 お日様が雲に隠れた途端、気温がグッと下がる。身体を温めるためお湯を沸かしマルタイラーメンをお腹にかきこむ。あまりにも急ぎ過ぎたようで胃の中が火傷したように鈍く痛む(笑)






 お世話になった親子は一足先に下山。こちらは後片付けが終わった後撮影タイムです。もう少し青空が欲しいところですが、手が届きそうな白山で満足です。取立山、西山等白山展望の山は色々有りますが私はこの護摩堂山から見える白山が1番好きですね!





 別山です。







 勝山方面です!














 正面に見えるのが取立山です。よ〜く目を凝らすと山頂に人が確認できます!







 低い雲の向こうに見えるのは銀杏峰。まだ登ったことないですが!







 今日はラッセルが辛かったですが、雪景色を見るのには最高の日でしたね!陽が射すと光と影が芸術的です。







 名残惜しいですが、来た道を忠実に引き返します。







 手付かずの純白の雪原。ダイブしてみたい気分ですが後が大変そうですから今日は止めときます(笑)







 手入れが行き届いた杉林はきちんと整列し、見ていると気分が落ち着くのは私だけでしょうか?今日のような杉の葉にたっぷり雪が被っている日は、いつ何時頭の上に大量の雪が落ちてくるか分からない。そうそう、もたもたデジカメを出して撮影している場合じゃないですね(笑)
 今日は新雪で登るのが大変でしたが、真っ新な純白の雪と手の届きそうな白山とで幸せ気分な山行でした!

 

Home 番外Top