東日本大震災から2年。震災直後は山遊びを自粛していたが、2週間後に登った山が金沢近郊の高尾山だった。この山の山頂に観音様が祀ってあり、復興祈願という名目で山仲間と登った。ところがその年降雪量が多かったこともあり山頂の観音様は雪の下だった。昨年も3月11日登ったがやはり雪の下の観音様に手を合わせた。今年も3月20日春分の日観音様に手を合わせるために山頂を目指す。




 積雪時の高尾山は登山口までのアプローチが問題だ。林道が雪で埋まっていたら登山口まで1時間ほど歩かなければならない。今年の金沢は雪が少ない。この分だと登山口まで車で行けるのでは?と、林道を半分ぐらい入った所でこの考えが甘かったことを知る。RV車なら難無く通過できたのだが大事をとってこの場所から歩くことに。車を止めたポイント以外は雪が無く、やはり今年は雪が少ない。ゆっくりゆっくり春を探しながら進んで行く。初めの鉄塔付近でショウジョバカマのほんのりピンク色かかった芽を発見。



 鉄塔から上は雪も繋がっていたのでスノーシューを履いてやっと雪山気分。







 マンサクノ花は満開です!







 前日の天気予報で午前中は青空を期待していたのですがドンヨリとした曇り空です。でも気温が高めで汗がダラダラ。チョット着込み過ぎた事を後悔。じゃ脱げば良さそうなものだが、上は簡単に脱げるが下は簡単に脱げない。






 空を見上げればブナやコナラの枝が毛細血管のように絡み合う。















 木の周りから雪解けが始まります!







 いつもの休憩ポイントサンカンスギは高尾山の八合目ぐらいでしょうか?







 サンカンスギ付近から医王山が良く見えるようになります。







 サンカンスギからもう一頑張りすると高尾山(前高尾763m)山頂!相変わらずの曇天と医王山。







 金沢の市街地はボンヤリとしてハッキリ見えない。雨だろうか?







 スコップで掘り返そうと思っていたが、その必要無し。扉を開け小さなホウキで観音様の埃を落としてから手を合わせる。「復興祈願」















 雨が少し落ちてきたので慌てて下山しようとしたが、医王山を眺めている内に何となく空が明るくなってきたので腰を下ろし小鳥のさえずりを聞きながらマッタリランチタイム!






 お腹がイッパイになったところで名残惜しいですが下山です。ここで転んだらそのままずっと下まで落ちていきそうです!






 このマンサクノ花は赤いですね。このまま赤いままでしょうか?それとも花が開くと黄色くなるのでしょうか?







 ムシカリ(オオカメノキ)です。花芽が膨らんでますね!







 これも春の足音の定番フキノトオ。マクロレンズをザックから出すのが面倒だったので広角レンズでパシャリ!今日は色鮮やかな山野草にはまだ早かったですが、鉛色の冬が終わり春が来ていることを感じる登山でした!

 

Home 番外Top