6月1日(土)3年連続水芭蕉が咲いている時期に鳴谷山に登る。山を登る楽しみ方は人それぞれ。普段見れないような風景を楽しみたい。季節季節の山野草を愛でたい。森林浴を楽しみたい。もちろん山頂を踏みたい、三角点を探したい等々…。私の場合「三角点を探したい」以外全てだろうか。水芭蕉やリュウキンカ、シャクナゲを愛でたいし、ブナ林の中で森林浴を目や鼻や全身で感じたい。山頂で白山パノラマをゆっくり眺めたい。あっそうだった、野鳥のサエズリに耳を傾け家に帰ってからも楽しめるように録音したい!



 欲望の塊となった私はザックとウエストバックに一眼レフデジカメ1台、交換レンズ3本、ミニ三脚、デジカメのアクセサリー諸々、小型のビデオカメラ、ICレコーダー等詰め込み「よっこらしょ!」鎧壁手前で早速ICレコーダーが活躍し姿は確認できなかったがアカショウビンのサエズリを録音成功。鎧壁ではその難所の歩行をビデオ撮影。まあ正直そんなにも難所じゃありませんが(笑





 鎧壁を過ぎると今度は水芭蕉群が目を楽しませてくれる。あまり黄色の山野草は好みでは無いのですがリュウキンカの黄色は好きですね。






 デジカメで撮影した後今度はビデオ撮影で、なかなか歩が進みません。「ゆっくりスト」と呼ぶべきか「ノンビリスト」と呼ぶべきか…。年々山に登るのが辛くなってるのも「ゆっくりスト」させている由縁かもしれません!






 山の精霊を感じさせるサンカンスギ。







 ゆっくりストはここでも足を止め木と語らい合います。







 残念ながら期待していたシャクナゲは既に終了でした(涙







 更に上に進むとブナの森があります。フィトンチッドを全身に浴びて森林浴!







 登山道横には雪渓が!このブナ林の雪渓の上を少し歩きたかったですが傾斜が急だったので諦めました。







 登山道上の雪渓を何度かクリアした後、不意に現れる白山!青空ではないですがこの白山パノラマを目にすると「来てよかったな」とつくづく感じますね!
















 山頂に到着し一旦ザックを下ろしてから休む間もなく撮影タイムです。白山主峰から別山。







 望遠レンズで大汝を中心にシャッターを切る。







 2年前は手前の稜線にもシャクナゲが咲いていたのですが今年はサッパリですね。







 別山方向!







 更に望遠で大汝、御前ヶ峰をアップ!







 若い緑を見ているだけで気持ち良いです!







 白い木肌はダケカンバでしょうか?奥に渓流が確認できます。山の名前の由来となった鳴谷か?







 白山の左側に見えるのは大笠山、笈ヶ岳!







 「ゆっくりスト」は山頂で1時間以上景色を楽しんだ後、名残惜しいですが下山です。下山時は山野草を撮るため100mmのマクロレンズに交換。中央に見えるは鎧壁。遠いな!!!
















 ミツバオウレン







 イワウチワ







 ツバメオモト







 タムシバ







 終了間際のシャクナゲ。これでもまだ花が見えるだけでも有難い。ほとんどの場合地面に花が散っている状態でした。






 アップに耐えられる水芭蕉







 マイズルソウ







 帰りも水芭蕉群生地で「ゆっくりスト」







 こんな山の中で突然と姿を現す水芭蕉の群生て、とても神秘的ですね。







 今日は青空では無かったですが、白山展望、水芭蕉などの山野草、森林浴、アカショウビンのサエズリなど「ゆっくりスト」で心行くまで楽しめました!

 

Home 番外Top