石川〜福井県境にある護摩堂山はここ数年雪山シーズンには必ず訪れる。お隣の取立山は2シーズンほど登っていないが何故だか護摩堂山には足が向く。自分なりに足が向く理由を分析すると護摩堂山は取立山に比べると登山者が少なくて静か。それに最大の理由は白山パノラマの見え方にある。取立山は白山パノラマの手前に杉林があり、その杉林に雪が被っていないと白い白山と黒っぽい杉林とのコントラストが強すぎて画像に趣が出ない。それに護摩堂山の方が白山と真正面パノラマ。




 2月1日(土)おいの水谷から登り始める。今年は雪は少な目。それに残雪期の寒い朝のように雪が固く締まりラッセル無し。ラッセル無しは体力的に楽で良いのだが雪山の最大の魅力、純白でまだ誰の踏み跡もない綺麗な雪の上を歩き、木々も雪が被って趣がある中を汗して登ることが出来ない…。





 昨シーズンは1回目天気が悪く途中敗退。2回目は願いどおりに激ラッセル。少しでも楽しようとただ1つ雪の上に残るスキーのトレースを忠実になぞるもラッセルが辛すぎて心が折れそうになる。後から追い付いてきた親子に意地悪く先を譲り何とか頂上に辿り着く。あの時に比べると今日は天国。でも年々急激に衰える体力でラッセル無しでも立ち止まって息を整えることが多くなった。




 山頂付近でやはり杉の木の黒さが目立って趣は無いですが今日も白山が出迎えてくれました!


















 山頂の白山ビュースポットはあと少し!







 白山が綺麗です!







 山頂のシンボル電波塔!







 刷毛でサッと描いたような雲が白山山頂にかかっていますが、これもまた感じが良いです。
















 昨年は無かったような気がしますが、石川のチャムラン山の会が作った看板です。







 今年は白山に登ることがあるでしょうか?やはり花の時期に登りたいですが最近は登るのが結構きついです!







 お向かいの取立山です。今日は天気がイイですから沢山の登山者が登っているのでしょうね。今年は取立山からこの護摩堂山の周回に挑戦しようかと…。






 山頂でのんびりし過ぎたらいつの間にか不穏なお天気に。重い腰を上げて帰りは滑り降りるように速攻下山です!






お笑い芸人のように頭の横にビデオカメラを付け山頂付近を撮影
チョッピリ画面が傾いているのはご愛嬌です(笑)




 

Home 番外Top