9月4日(土)本来この日は、金沢の中心部を流れる犀川の奥地を釣り歩く予定だった。しかしリーダーの突然のアクシデントの為桃源郷探検を断念。代りに白山登山する事になった。白山登山は3年振りになるか。また山頂へは5年振りになる。
 車で一の瀬までやって来て、その後シャトルバスに乗り換え別当出合に到着。午前6時砂防新道入り口の吊り橋を渡る。この橋は今年の6月土石流で吊り橋が流され、7月下旬に急遽造られた新品の橋だ!

別当出合より新しい吊り橋を渡りスタート




今年6月の土石流で壊された旧吊り橋



別当覗きより見える山々!





南竜分岐点より見える甚之助非難小屋
 前日の天気予報では「午前中まで晴れ」という予報であったが、いざ登山道に取り付き山の上部を望むと、ガスがかかっているのかボ〜ッとしている感じだ。
 今日は総勢6名で登り、途中2名が南竜ヶ馬場に向かい残り4名で頂上を目指し、その後南竜山荘で落ち合い、焼肉宴会する計画である。
 中飯場、別当覗、甚之助非難小屋と順調に高度を上げて行き、南竜分岐点で2名と暫しの別れ。ビールや食材など山頂を目指すのに必要無い物を少し持ってもらう。相変わらず上部は怪しい雰囲気!

黒ボコ岩まで続く急坂!いよいよガスが立ち込める。

弥陀が原にて。まさに雲の中を進む



ミニ紅葉ってところですか!

 黒ボコ岩付近でガスがかなり辺りを包み初め、弥陀が原を進む頃にはまさに雲の中を進む感じとなる。ふと視線を下に向けるとハクサンフウロが静かに咲いている。もはや高山植物なんて咲いてないものだと思っていただけに、感激が大きい。水平道が終わり、室堂までの坂の途中少しバテながら午前9時半にビジターセンターに到着。センターで軽い食事を取り、10時に山頂に向かう。上に進むにつれ急激に気温が下がり、さらに強風の為尚一層体感温度が下がる。季節は秋を通り越し冬に近い感じだ。 

ヒナコゴメグサ(中飯場付近にて)

ヤマトリカブト、火サスの殺人ネタに利用できるよ

ハクサンフウロ(弥陀が原付近にて)

イワギキョウ(山頂付近にて)
 5年振りに立った山頂は雲の中!周りはもちろん何にも見えない、これぞ正しく「霊峰白山」!神社に参拝し、一通り記念撮影を済ませ神社の隅っこでビールで乾杯「ご苦労さんでした」
 室堂からエコーラインを進み、南竜山荘を目指す頃には雨が強く降り始めた。レインウエアを着込んだ時には気持ちがブルーになったが、一端雨に打たれると意外と平気!ガスで曇った幻想的な中を進む事が貴重な体験に思えた。よくよく考えてみると、渓流釣りで雨の中を頑張る事は良くあることで、川が笹濁りになるくらい雨が降れば大漁間違いなし!
 



山頂まで後もう少し。風が強く気温も低くなった



雨の中を下山し南竜山荘で焼肉宴会
焼肉と冷凍焼きおにぎり、意外と相性が良い



山頂に向かう途中、室堂ビジターセンターを望む

 南竜山荘で2名と合流。雨が強く降っていたので心配していたそうだ。山荘ではすでにストーブが焚かれており、強い雨で特別に山荘内を使用させて頂だける事に感謝して焼肉宴会開始!空きっ腹に焼肉を存分に詰め込む。あと冷凍焼きおにぎりを焼肉と一緒に炒めると、これが意外と好評!
 午後1時半満腹のお腹を擦りながら下山開始。相変わらず雨は降ったり止んだり。4時に別当出合に到着、今まさに出発しようとしているシャトルバスに飛び込む。
 今日も全員無事下山!杉の子温泉で汗を流して家路に着いた。