2月23日 前回時間切れ敗退となった太田の大トチ見物に再び挑戦。今回は時間切れは絶対避けるべく9時ごろ太田谷の林道を歩き始める。目標は大トチ、小トチを見た後稜線まで登り白山展望!事前にこの季節「太田の大トチ」を見たいというキッカケを与えてくれた山友Kenさんにメールで白山が見える稜線ポイントを確認。





 メールの返信を読んでビックリ!2月19日(水)Kenさんがおまい山⇒大ナダレ山⇒太田の大トチの周回をしていた。「日曜日までトレースが残ってるだろう」と心強い返信だった。






 メールのとおりトレースバッチリ!分岐の作業小屋手前からのショートカットトレースに息も絶え絶え…。そこへ突然というかイキナリというか、で〜んと大トチが視界に入る。






 確かに大きい。でも私の撮影技術ではとてもその大きさを表現できない。







 人の人生なんて地球にとっては一瞬のマバタキにも遠く及ばないが、この大トチの生い立ちは確かに地球の歴史に刻み込まれている。






 こちらは大トチから谷沿いに100mぐらい離れた小トチ。こちらの大きさは私が撮影するのには許容範囲だ!
















 小トチから谷沿いにトレースをなぞりながら稜線を目指します。当初地図でなるべく勾配のゆるい登りで標高1000mラインの稜線を目指すつもりでしたが、トレースは急勾配の稜線に向かって右側にあります。よく考えてみるとKenさんのトレースは下りのトレースですから縦横無尽。でも確実なトレースの上を進むのが安心ですね!何とか滑り落ちそうな登りの急斜面をクリアして、急斜面のトラバースもクリアしたあとスケートリンクのようなダダッ広い場所が現れた。これは地図上にもある池ですね。いよいよ稜線は目の前!



 稜線上のブナの木の枝が邪魔してますが目の前に白山が見える…?あれ?こんなに青空なのに白山の山頂が雲で隠れています(涙)






 天気は良かったのですが所々に雲が。







 この稜線を登ると取立山避難小屋付近に到着するはずです。







 向かい側に見える稜線は何処だろうか?

















 帰り道に見えた風景。左に越前甲が確認できた。







 下りの急斜面を縦横無尽に滑るように降りると再び小トチが現れる。







 今回は時間に余裕があったので暫し撮影タイム!







 雪が無い季節にも大トチ小トチを見に来たことないのに、何故か積雪時に初めてやってきました!







 今日は2度目の挑戦で目標が達成できて大満足でした!





家に帰りGPSデーターをみると稜線近くの池の上を少し歩いたみたいです(笑)

 

Home 番外Top