今年はまだ医王山ですら登っていない。いつもの年2月の下旬だと2度ほど登っているのだけれど…。山に登ると四季折々感動する風景に出会うものだが、雪山は他のシーズンに比べ何処か別次元の感動がある。それは純白の雪が何もかも覆い隠し、時間の感覚すら曖昧にさせられる魅力だろうか…。
 2月28日(土)今年初めての護摩堂山に向かう。護摩堂山は白山展望とお隣の取立山に比べると登山者が少なく静かな登山が魅力の山。駐車スペースから登山道取り付きまで歩いてくると「へぼつり師さんですか」声を掛けられビックリ。以前私のHPで許可無しで後ろ姿をの載せてしまった池田さんであった。最初メールを頂いた時に許可なく載せたことへのお叱りと思いましたが快く許して頂いて助かりました。その後山頂で2度目の再開。今日は3度目の再開。世の中奇遇なことがありますね!





 My登山スタイル、デジカメ撮りながらゆっくりノンビリのせいで、私が本日の最後尾らしい。お陰さまで昨晩降っただろう新雪をラッセルすること無く、階段を登るような楽々登山となった!






 登り始めは青空が見えていたのですが段々と薄曇りに…。







 見ての通り先人の登山者のお陰で急登も省エネ走行でした。







 西山方面とへぼつり師の影!







 白峰方面は青空なのですが…。







 谷峠からの登山道を横断し最後の急登途中で撮影タイム。



















 山頂近くになると雪も固く締まってシュカブラがみられる。標高1000m程だけど強風が吹き荒れるのだろう。







 不意に白山が見えるポイント。かなり怪しい空模様となってきたが白山は見えている!







 青空も少なくなりモノトーンの世界となる。昨晩の降雪で純粋無垢な雪原風景!







 護摩堂山のシンボル反射板の向こうに白山が鎮座している。







 他の登山者が写り込まないよ雪を被ったう杉の木と白山を撮ったがこれが限界。







 昨年太田の大トチを見たあと白山を見るために登ったポイントはどれだろう?
















 取立山方面!昨年取立山からこの護摩堂山まで来たのですが、こうして眺めると随分と遠いですね。








 白山と別山!お昼のランチを食べて名残惜しいですが下山です。







 別山をアップで!







 スキーヤーと勝山方面。スキーヤーの帰りは気持ち良さそうですね!







 護摩堂山山頂では人工物の反射板を写り込まないよう白山を撮るのは難しい。







 今日は最大の目的白山展望は果たせましたが、白山撮影するためには青空ともう少し雪を被った杉の木が欲しかったです。もう3月ですから来シーズンの課題かな!




 

Home 番外Top