今年の冬は例年に無く雪が多く、各地で家屋の倒壊、除雪時の事故、交通機関や物流の乱れなど、かなり被害が出ている。しかも冬はまだ2ヶ月は続く。この先どうなるのだろう…。
 1月も8日になり正月気分も無くなり除雪にも飽き飽きしたころスノーシューを持って、車で15分ほどの樹木公園まで出掛けた。途中公園近くの白山比
神社(しらやまひめじんじゃ)に左議長で燃やしてもらう正月飾りを持って行き、ついでにお賽銭を上げ「雪は程ほどに」とお願いしてきた。さすがに加賀一宮、白山信仰の総本山、8日だというのに参拝者が多い。



加賀一宮白山比盗_社





1月の8日なのに参拝者が多いです
 樹木公園は白山比神社のほぼ向かいに位置し、石川県林業試験所が同じ敷地内にあり、雪深い地域ながら除雪が行き届いている。車を林業試験所の近くに回し早速スノーシューを履いて公園内に一歩足を踏み入れる。ズブズブとスノーシューが30〜40cm雪の中に沈んで行く。「これは大変だ正月でなまった身体にラッセルはきつ過ぎる。それに降り止まない雪でデジカメも濡れてしまう。直ぐに帰ろう」と重い足を引きずってゆっくり前に進む。進んでいくうちに前日のものだろうか?雪の上にかすかなスノーシューの足跡を確認した。「こんなに雪深いのに変わり者が居るもんだ」と足跡をなぞりながら公園の奥へ奥へと…。


後ろを振り返ると延々と自分の足跡が……!






スギ林の天に登る一直線


ストックで計ると積雪は150cmぐらいか?

樹木公園奥にある日本庭園、池が雪と氷で覆われていました

 汗を掻き掻きラッセルして進むにつれ帰り道が遠くなる。「こうなったら園内をぐるっと1周して出発点に戻るしかない。」前日の来園者も坂道を登り園内を1周している痕跡がある。雪が絶え間なく降り続き、なかなかデジカメをバックから出して撮影する機会を得られない。少し小降りになったところで辺り構わずパシャパシャと撮影を試みるが、陽射しが無い分コントラストが得られずメリハリの無い画像に終始苦戦を強いられる。


一瞬青空が見えることもありました




林業試験場の施設の屋根雪
どこか美味しそうな雰囲気!



今日は雪が降り続き陽が射す事が少なく、コントラストの無い世界でした

 積雪時に何度かこの公園に訪れた事があるが、必ず獣達の足跡が雪の上に残されていたが、今日は何一つ発見できない。昨日訪れたであろうスノーシューの跡が薄っすら確認できるのと、坂から雪の塊が転げ落ちた跡ぐらいだ。時々「ドサッ」という音で後ろを振り返ると、枝に積もった雪が落ちた音だった。暫くじっと辺りを見渡していると、ベルベットの滑らかさを連想させられる積雪の上に、延々と続く自分の足跡以外獣の気配すら感じられない!。
 この静寂と純白の世界の中で少々疲れ気味な心が洗われるような、今日はそんな感じのスノーハイキングだった。
 


1時間半ほどのスノーハイキングでしたが結構汗をかきました!

 

Home 番外Top