毎年降雪期に医王山の非難小屋で登山同好会の新年会をやっている。ある年は大雪警報の出ている中、5時間ほど悪戦苦闘で無事到着いたり。また昨年は大雪で4月に入ってからの開催で、でも上では3mの積雪があったり。朝焼けが素晴らしい年であったり。楽しい思い出も多くなった…。
 今年は近年まれな雪が降らない年であった。先日道路状況を確認した者によればかなり上まで車で行けるとの情報。上手くすれば非難小屋まで車で横付けか!(これでも登山同好会か?)




途中余裕で1時間ほどフキノトウや葉山葵などの山菜採りに精を出す!





このフキノトウは食べるには少し大きくなり過ぎですね!





やはり考えが甘かったですね。1時間ほど歩きました!





鴨鍋宴会の前に一人で医王権現まで日没の撮影へ!





期待していたような瞬間は来なかったです(涙



 宴会前に日没の撮影に一人で山を15分程ツボ足で登った。でも感動的なシーンには遭えず暗い中トボトボと…。「明日の日の出に期待だな…」
 宴会のメインディッシュは鴨鍋で、鴨は猟師さんから頂いたという正真正銘天然物。その出汁を口にすると何とも云えない深いコクが。鍋をたいらげた後今度は残った出し汁の中に金沢名物第7ホワイトギョーザを入れて煮込む。これもギョーザがモッチリとしていて大好評。その後はうどんでエンドレス鍋ですね(笑)
 食べ過ぎて飲みすぎて喋り疲れて横になりウトウトと!薪ストーブも暖かで極楽極楽。これが山小屋宴会の止められないところでしょうか!明日は5時に起きてリベンジだ!





感動的な夜明けを待ちながら福光の街を撮影!





今朝は晴れの予報でしたが北アルプスも見えません





とうとう藍色から赤に変わる感動的な朝焼けは見れませんでした





ツボ足で頑張って山を登ったのですが、非難小屋まで疲れきった足取りで…



 翌朝5時携帯のけたたましいアラーム音で目覚める。他のメンバーを起さないようにそっと身支度を整え、ついでにストーブに薪をくべ山小屋を後にする。暗い空には星も無く、只々深い沈黙の漆黒。15分ほどで昨晩の見晴台に到着し、三脚にデジカメをセットして夜明けを待つ。イメージは福光町の夜景と赤く染まる空と、北アルプスのシルエット。数枚シャッターを切ったが、どうやら今日は朝焼けは無く、「いつの間にか朝になっていた」って感じだった。
 小屋に戻り「やけ朝飯?」昨晩の鍋の残りにうどんを入れタラフク食べる。その後はコーヒータイムでマッタリ過ごしているといつの間にか最高のお天気に!自然相手じゃなかなか上手くいかないものですね!
 小屋を着た時以上に綺麗にお掃除して、お名残惜しいですが帰るとしますか!素晴らしい夜明け画像は来年まで持越しですね。いよいよ渓流の虫が騒ぎ出してきてますから
(^^)v




朝ごはんを腹いっぱい食べ、マッタリと過ごしているといつの間にか良い天気





3月3日はこの地域では冬ですが、今年は春ですね!





今年もマンサクの花に会えました!





名残惜しいですが非難小屋を後にしました。





ネコヤナギの柔らかさは自然のベルベットですね!





嫌われ者の杉の木ですが綺麗に整列しているのがイイですね!

 

Home 番外Top