毎年登山同好会のメンバーで積雪時の医王山で一泊する事が恒例行事となっている。以前は2月の大雪注意報の出ている日に5時間も掛けて登ったこともあったが、歳を重ねるたびに早春の3月下旬〜4月上旬の行事となってきた。この時期だと車もだいぶ上に入ることができ、実質登りは1時間と云うところでしょうか。今年も3月29日のそんな楽々山行になった。



 生憎最初から雨具を着込んでの登りとなった。車を止めた地点はマンサクの花が沢山咲いていて、早速デジカメで画像に納める。










 1時間ほどで非難小屋に到着。暫くすると雨脚が強くなり自分たちの運の良さを山に神に感謝する。荷物を降ろし雨具を干したり、宴会の準備等をしている内に辺りはガスに包まれていた。








午後の2時頃ですが宴会が始まりました。まあ山登りと言うより宴会がメインですから(笑)今日のメインディッシュは鴨鍋です。しかも第7ホワイト餃子入りです。ついでにお正月の御餅も入れました。何杯食べたでしょうか?格別な味でした。



 夜も更けた頃今度は焼きソバを作り始めました。赤く燃え盛る薪ストーブの上で熱さとの格闘です。この焼きソバも絶品でした。この重い鉄板をザックに入れて持ってきた若い方に感謝感謝!美味しい料理とお酒とで話も盛り上がり12時過ぎまで年間行動計画をたてていました。




 ぐっすり寝たのか寝ていないのかよく分からない状態で薄明るくなってきました。昨日の天気からあまり期待もせずにデジカメを持って外へ。




 何だか徐々に良い感じに空が染まっていきます。




 ついに御来光が見えました。こんなに綺麗に日の出が見えるのが分かっていたなら、三脚とPro1を持ってくるべきだった。それにもっと早く起きて15分ほどの展望台まで登るべきでしたね。後悔後悔!



 富山の福光町が低いガスに覆われ、北アルプス北方稜線方向から日が昇る。




 普段食べない朝ごはんを食べた後デジカメを持って少し散歩する。冷たくて清々しい空気の中、朝日も浴びて気分最高ですね。



 マンサクの花と北アルプス。





 名残惜しいですが下山です。





 春を探しながらゆっくりゆっくりの下山です。





 フキノトウの収穫です。そんなに大きな袋で近江町市場にでも行って売るつもりでしょうか(笑





 少し赤みがかったマンサクの花。





 ショウジョバカマ。まだ成長途中なのでしょうか?背が低いです。その他イワウチワの葉がイッパイ有りましたが残念なことに花はまだでした。山は雪がまだまだ有りますが春ですね。一年で一番輝く季節がやって来ました。

 

Home 番外Top