2003 春山キャンプ

 4月27日、今年も会社の登山同好会のメンバーで春山キャンプに出掛けた。今年はなんと総勢12名という大人数!食べ物を調理するためと、夜暖を取るための大量の薪と、その他引越しするような程の荷物を車に満載し、いざ出発!道を「とうせんぼ」するような岩を蹴散らし、さらにもう一個蹴散らし、現地に到着。直ぐに山菜採取班と岩魚生け捕り班(私一人)に分かれ作業開始。私なんぞは、あまりにも急いだため岩魚生け捕り様のジャンジャン(ブリキでできたかごのようなもの)を車に忘れ、約10分のロスタイム。ノルマは20匹。ちょっと無謀か?
山菜の天ぷら 山菜の天ぷらの食材 食材(モミジガサ?) 焚き火を囲んで宴会
 約4時間後5匹の岩魚を持ち申し訳なさそうに、そして静かにはたまた何事も無かったように集合場所に帰る。話しを聞くと山菜採取班も昨年に比べ、いまいちだったらしい。
 体力的にヘロヘロになりながらテン場に移動し、テント設置班と、火起し班に分かれ作業開始。こんな話しをしているとすごく組織化されたボーイスカウトのようなメンバーに思われるが、そうでもない。お腹が空いているので早く食べ物にあり付きたいのて、テキパキしているのか?
 いよいよ食事の用意!まずは天ぷら。山菜の食材を準備している間に昨年好評だった餅の天ぷら。これは直ぐに出来上がり空腹の時は最高。
岩魚の塩焼き これも岩魚の塩焼き 焚き火 これも焚き火
餅の天ぷらを食べている内に山菜の食材準備OK。ウド、アザミ、その他(色々あったようだがよく分からない)山菜の天ぷらも美味い!それからは雪崩のように肉、ホルモンのシロ、ウインナ−、魚の干物、イカくん、その他何でも有り!日もどっぷり暮れた頃にはお待ちかね岩魚の塩焼き。しかし岩魚生け捕り班の腕が悪かったので、たった5匹の岩魚を12人で…。まあ一人一口!誠に申し訳ありませんでした。飲み物のビールにチューハイ、ブランデーに梅酒、それに大量の薪も12時のお休み時間には、ほぼ完売状態。
 翌朝5時前にテントの側を車が通過(岩魚釣りか?)したお陰で目が覚め、顔を洗い早速コーヒーとお餅でブレックファースト。少しひんやりした爽やかな空気、小鳥のさえずり、眩しい朝日最高の朝食でした! そして皆無事帰宅。良かった良かった!
翌朝の早起き隊 早起き隊の朝ご飯 餅に焼きうどん 遅起き隊も朝ご飯