先週の土曜日山仲間と今年最後のキノコ狩りに出掛けようと計画していた。当日天気予報どうりの大荒れので雷、雪、強風の三重苦。さすがに「今日は止めましょう」と山仲間に連絡して「今シーズンも終わりか!」と諦めた。
 12月13日(土)ここ最近の休みには珍しく天気が持ちそうで、駄目元でキノコ狩りに再チャレンジ!独りでノンビリ山を歩こう。




 
 歩き始めて直ぐにヒラタケを見付ける。木は葉が殆ど落ちて見通しが利くので視力さえ良ければ遠くの獲物も見つけ易い。やや乾き気味で今時分はこんなものだろうか?帰りにでも採ろうと先を急いだ。





 昨年かなりのクリタケを収穫した場所を思い出し木の根周りを覗き込むと、丁度食べ頃のクリタケの大きな株があった。「シロ」と呼ぶべきキノコでもないですが「一度採った場所は覚えておくべき」と改めて思いましたよ。





 まだ歩き始めて間もないのでこれも帰りに採る事に。どうぞ他の人に採られませんように!





 次に以前ヒラタケを採った場所に向かう。やはりと言うか思惑どうりにまだみずみずしいヒラタケを発見!

















 木の周りにぐるっとヒラタケが出ている。





 手が届かない所にナメコを発見。持ってきたストックで突っ突いて落とそうとしたが、あと50cmほど足りない。この歳じゃジャンプしても無理でした(笑)





 やっと手の届く位置にナメコを見付けた。見た感じ滑り気が無く乾燥していた。でも水に浸けると滑り気が戻ると聞いたことがあるので収穫する事に!





 これも手の届かない位置に出ているナメコ。





 ナメコの幼菌が無数に出ている。このまま豆粒のような状態で終わってしまうのだろう。





 これは傘が開いた状態ですが腐っています。地面に近い位置なので地面からの湿気で乾燥せずに腐ってしまうのでしょうか?





 これはとても手の届かない位置に出ているナメコ。高い位置では腐らずこのままフリーズドライになりそう。しかし12月でも、こう暖かいと無理かな?





 豆粒ナメコ可愛いですね!











 本日初めて滑り気のあるナメコを発見。





 森の宝石と呼ぶに相応しい輝きですね。





 地面に近いので乾燥されないのでしょうか?





 温かいナメコの味噌汁食べたいですね。





 キノコを探しながら林の中を彷徨う!見通しが良いのでかなり遠くからでもキノコが見付ける事が出来ます。右見て左見てゆっくりお散歩です。





 高い位置にヒラタケを見付けたので近くに寄ると手の届く位置にもヒラタケがありました。少し乾燥していますが収穫しました。





 これは傘が開いて乾燥しているナメコです。これくらい傘が開いているのが一番美味しいのだそうです。





 ナメコはブナの倒木に出るのが一般的でしょうが、今の時期コナラの立ち枯れが狙い目のようですね!





 これも美味しそうですね!





 お昼近くになり空も真っ青になってきました。





 毛細血管のように細かく枝分かれしたブナ。白っぽい木肌と青空が絵になりますね。





 今日のザックは小さめなのでもうそろそろキノコ狩りは終了としますか。ザックに詰めてみるとなかなか入りきれないのでまだお腹は空いていないですが持ってきたパンを食べる事に。





 フカフカの落ち葉の絨毯の上を歩いて帰ることに!





 不思議な感じの雲を激写。丸っこい雲の塊が沢山直線状に。





 12時半ごろ無事下山。今日の収穫です。左からクリタケ、ヒラタケ、ナメコです。今日もスコップは無用の長物でした(笑)もう今シーズンのキノコ狩りは終了でしょう!きっと?(笑)

 

Home 番外Top