2週間前、積もった雪の状態を見ただけで引き返したリベンジという程のことでもないが、3月8日午前6時再び東山いこいの村駐車場に車を止めた。もう既に車が1台、登る準備をしているともう1台、さすがは人気の山ですね。
 数日前から天気が気になり頻繁に天気予報を確認するが、今どきの予報はスーパーコンピュータで計算しても難しいのか確認する度に変わっている。今日のポイントは三つ!1青い空、2白い雪、3白山展望。スタートから1番目がほぼ絶望的!2番目の雪も少なく純白ではない。さて3番目は…。





 今年は雪が随分と少なく木の周りは大きく土が見えている状態で林の中をショートカットするのが難しい。本来の林道をなぞる様に進むみ、体力の無い私には丁度良いコース取りとなっている。





 杉林を抜け視界が開けると形の良い山が見えてくる。以前インターネットで山関係のHPを観覧していると大日山らしい。だから石川県の山中から登る大日山だと思っていたが、本日の下山時に一緒になった福井の登山者に尋ねると別の山だそうだ。越前甲というらしい。





 越前甲クローズアップ!






 標高1000m付近で経ヶ岳を望む。






 銀杏峰であろうか?





 勝山方面の街並みでしょうか?






 雪が少なくて直登できません。




ちょうど1年前の画像。直登は少し怖かったですが、雪は何もかも覆い隠してくれて綺麗でしたね。


 

 太陽は厚い雲の向こう側ですね。今日のポイント1の青空は絶望的です。






 この小高い丘を登り切ると山頂です。先行している2組が丘の天辺に確認できました。10分ほどの差でしょうか?昨晩の放射冷却の影響か雪がガチガチで、アイゼンの歯を効かすために強く雪を踏みしめて進みます。そして登りながら呪文を唱えます「どうぞ白山が見えますように!」






 呪文が聞いたのか今日の1番の目的白山展望が叶いました。






 山頂に到着し暫し撮影タイム。先行の一組は山頂の向こう側に降りていきます。こつぶり山に行くのだろうか?残りの一組の若者スキーヤー2名はゆっくり腰を降ろし白山展望タイム。2人にこれから何処に行くのかと尋ねると雪が少ないので帰るようだ。撮影に勤しんでいるとポツリポツリと登山者がやって来る。まだ午前9時だから登山者は少ないがお昼近くになると大勢で賑わうのだろう。





 風も無くジッとしていても寒さが気にならない。






 経ヶ岳。






 アルプスのような雰囲気ですね。銀杏峰・部子山かな?






 おそらく方向的に手取湖だと思われる。昨年登ってときは全然気が付きませんでした。






 スキーヤー達は帰り支度。






 経ヶ岳をズームアップ。迫力がある山ですね。






 昨年はこの標識が雪の下で存在が分かりませんでした。本日の登山前に雪の状態を調べるため関連HP観覧中に標識があることを知り、地元のコミュニティー誌で標識の長さを知りました。意外と長いです!






 今年の雪山シーズンも本日で終了です。これで心置きなくへぼ山師から本業のへぼつり師の戻れます。






 後ろ髪が引かれるような気持ちで下山することに。40分ほど滞在したでしょうか!






 左側に滑り落ちると大変です。遠くには越前甲に勝山の街並み。






 下山途中、福井の登山者とお話をする機会がありました。山の名前を教えていただいたり、ショートカットで下山するルートに導いていただいたり。随分助かりました!






 駐車場に戻ると何故か青空が!青空に見放された私は一路金沢へ…!

 

Home 番外Top