地元金沢の雑誌で「自然人」というのがある。北陸の人と自然を題材にした春夏秋冬年4冊の季刊誌だ。今年の自然人秋号に載っていた白山パノラマ展望台の紹介記事には妙に引かれた。それは記事に掲載されていた晩秋のブナ林の風景に引かれたのか。小春日和で落ち葉の中をサクサク歩く。機会があったら行ってみたいと思わせる風景だった。





 11月8日(日)白山登山の拠点市ノ瀬に車を走らせる。この時期の市ノ瀬は白山登山の一般的な時期が終了し駐車場は閑散としていたが、それでも最後の紅葉を楽しむ家族連れがチラホラ。白山温泉永井旅館横の石段から登り始める。ミズナラやブナの林を20分ほど登ると立派な「白山展望台」があった。展望台の中でベンチに座り汗を拭って一休み。そうしている内に2名登ってきて休む事無く先を進んだ。




 今日は独りのんびりブナ林の中を歩くのが目的だったので、視界から外れるよう先行の2名との間をあけ再び登り始める。






 落ち葉の上をサクサク歩く。







 想像していたよりはるかに急勾配。登っても登っても急な登りが続いていた。これじゃ第2の目的キノコを探す余裕がありません。登山道を少し外れ急斜面を探せば何かありそうな雰囲気なのですが…。






 天気予報では晴れでしたが今一パットしませんね。それでも気温は暖かめで汗を拭いながらの登山です。







 展望台から30分ほどでやっと平らな場所が!ブナ林の中に大きな木のベンチがある分岐点。この先に目的の白山パノラマ展望台がある。











 AM11:00ロープが張ってある急な登りに一汗掻くとそこに標高1290m白山パノラマ展望台があった。二本のブナの木があたかも白山の絵画の額縁を演出しているかのようだ!先週初め白山に降ったはずの雪が殆ど解けているようだ。今日あたりはかなり人が白山に登っているのだろう。





 パノラマ展望台には先行された2名の他早くもお昼の準備のためバーナーを出している女性が2名居た。フライパンを出し、どうやらチーズフォンデユーをするらしい。なかなか本格的ですね!山の楽しみ方も色々ですね!するとなんと見物者達にもお裾分けが…。ウインナーのチーズフォンデユーを頂きました。感謝感謝!





 食事にあまり重点を置かない私はチーズフォンデユーのお礼を言って早々にパノラマ展望台を後にする事に。ブナを眺めながら、ついでにキノコを探しながら、そして落ち葉を踏みしめながら下へ下へ。






 ブナを見ていると枝ぶりなんか結構趣がありますよね。







 途中とても手が届かない高さにヒラタケの群生を見付けましたが収穫は無かったです。でも気持ちの良い登山でした。登って良かった!






 帰り道昭和の初めにあった手取川大水害で上流から流れてきた百万貫岩に登れるイベントがあった。以前下まで行って見上げた事はありますが登った事はありませんね。記念に登れば良いのですが今しがた登山してきたばかりなので止めました。でも本当に大きいですね。こんなのが流れてきたなんて信じられませんね。





 車を走らせていると紅葉をデジカメで写している人がイッパイ居ましたね。私もその中の一人ですが(笑)
 

 

Home 番外Top