雪が積もっているこの季節限定に遭う友達が居る。思い起こせば5年前、渓流釣師と山登り愛好家と接点が微妙に有るような無いような…。とあるネットで知り合って(こう書くと怪しく聞こえるが健全です笑)ある雪が結構降っている日に待ち合わせ、私の車で信州は霧が峰へ!それ以来毎年雪が降る季節にスノーシューを持ってBOWさんkenさんと山へ出掛けている。今シーズンは一度乗鞍方面の耀山に誘われたが私にはちょいと無理かなと言う事でお断りし、今回再度福井の取立山に誘われた。




 取立山には単独で二度ほど雪の上を登った事があるので軽くお誘いにのった。しかしヨクヨク考えてみれば最近随分と体力は下降気味で、健脚の登山家に迷惑を掛けずに登れるだろうか?と心配を他所に白山さんの駐車場で待ち合わせ。今回初めてお会いした美人健脚キタさんとBOWと私とでkenさんの車に乗り込みいざ取立山へ。車内では久し振りの再会で話が盛り上がった。
 白峰を過ぎ谷トンネルを抜け東山いこいの村駐車場付近の国道沿いに車を止める。4m程もある雪の壁をよじ登りスノーシューを履いて準備OK。既に山スキーのトレースがあった。





 歩き始めて直ぐに健脚3人衆と私の間にジリジリというか、あっという間に距離が出来た。その距離を縮めようとすると心臓がバクバク、目眩でクラクラと心配していた事が現実に。






 健脚3人衆が時々待ってくれるのですが、それが尚更気を焦らせる。まあこれ以上どうしようもないことですから開き直って一歩一歩進むしかありませんね。私を応援してくれているかのように太陽も顔を出してくれましたしね。






 チョッピリ休憩です。チョコやラスクを頂きました!このまま天気が快方に向かうのではないかと甘い期待が。







 昨年の秋にはナメコが出ていたような立ち枯れの木もありますね。







 デジカメなんか出しているとあっと言う間に視界から遠ざかる健脚3人衆!













 積雪は3mくらいでしょうか!







 夏の駐車場を過ぎ、いよいよ登山道へ。新雪が20cm程積もりその下はガリガリに凍りついている感じの九十九折の登山道を真っ直ぐ登っていきます(涙)






 途中ほんの5〜6mの急斜面を私のスノーシューでは何度チャレンジしても滑って乗り越えられない難所で立ち往生。3人衆には先に進んでもらいその後独り途方にくれる。そこで以前高尾山で出逢った登山者マメさんの新雪の急斜面を登るアドバイスを思い出す。2本のストックをたたみ1本に束め、それをカヌーのパドルのように両手で握り雪の上を両手両足の4WD走行で進むと馬力が出るそうだ。試してみるとなんとか難所から脱出できた。人との出会いは大切にしたいものだ!



 その後も一度斜面を5〜6m滑り落ちたが、マメさんアドバイスで難を逃れた!







 尾根まで出るとまたも難所の急斜面。ここで滑って右側に落ちると何処まで落ちるか分からない。念の為に持ってきたアイゼンに履き替える。風が一層冷たくなり雪が舞い始めた。急斜面をクリアした後はもうデジカメを出し風景を撮る状態ではなかった。それより山頂でいつまで待っても来ない私を心配している3人衆が気に掛かる。周りの山も何も見えない白一色の中を山頂に向かって一歩一歩。





 取立山山頂から少し下り始めた場所に3名を発見。雪避けのタープの下で温かい鍋が待っていてホット一息!心配掛けてゴメンね!

 











 近くのこつぶり山も何も見えないホワイトアウト寸前!撤収中少しガスが晴れ急いで数枚シャッターを切る。本当は白山展望の山なのですがね…。






 手袋は2枚していたのですが痺れるくらい寒かった山頂です。スノーシューを再度履く時ビンディングが凍りつき、なかなか登山靴にフィット出来なかったです。周りは真っ白の世界でした!






 下まで降りてきて雪も落ち着き最後に記念撮影です。プライバシー保護のために女性陣には失礼の無い程度にぼかしをを入れました。でも間違いなく健脚美人でしたよ(笑)今日は皆さんご苦労様でした。
 

 

Home 番外Top