11月6日(土)私が所属している登山同好会のメンバー10数名で医王山へキノコ狩りに向かう。ゆっくりとキノコ探し紅葉を堪能し、その後貸切の宿泊施設で宴会予定だ。天気も最高で気分は上々!






 登山道を少し登った辺りからミズナラの立ち枯れがチラホラ目に付いた。登山道から外れ藪漕ぎをしそんな立ち枯れのミズナラを目指して孤軍奮闘!大汗をかいて辿り着いた立ち枯れには粒々ナメコが。






 こんな小さなナメコも歯ざわりが良くて私は結構好みですが。それに撮影していても可愛いですよね。







 藪から脱出し先を行く仲間達とようやく合流。籠の中を覗くと既にナメコが入っていた。







 紅葉が綺麗ですね。疲れきった心を和ませてくれますね。







 京都のお寺さんのように計算された紅葉もイイですが、自然の中あるがままの紅葉も趣があります。







 何色も重なり合うことが素敵ですね。













 ブナの木が黄色く燃えているようです。







 そうそう紅葉狩りばかりではなくキノコ狩りもしなくては!登山道を少しはずれ林の中へ。すると可愛いクリタケがありました。数年前まで私の中ではキノコ狩りと言えばクリタケでしたが、カシノナガキクイムシのお陰でメインはナメコとなりました。本当は喜んでばかりもいられないのですが。





 お昼も過ぎ午後2時ぐらいになると、少し西に傾いた太陽の光りで一層紅葉が発色し綺麗ですね!







 撮影のため綺麗に色付いた山モミジを求めて藪漕ぎです!







 帰り道皆が見過ごしたナメコを発見。







 ナメコの発生場所が高いのと、木の周りに絡みついたツルで採取が難しかったです。でもね本当のところ私は落ちてくるナメコをキャッチするだけでしたが(笑)






 さあ宿泊施設に戻って宴会です。ご馳走はもちろんキノコ鍋がメインで我が家の冷凍庫で眠っていたお正月のお餅の消費を皆に手伝ってもらいましたよ。そうそう岩魚の骨酒てのもありましたね。もちろん冷凍ものですが!

 

 

Home 番外Top