今年は積雪が多いこともあって渓流シーズンが始まっても、なかなか川に足が向かず。それに昨年末デジカメ一眼レフを買ってしまったら、釣欲より撮影意欲が優ってしまった。
 5月21日(土)午前8:30高尾山登山口 天気予報では午前中は晴れらしいが、何だか空が黒くて今にも雨が落ちできそうだ。一応レインウェアーはザックに入れてあるが、降り出したら買ったばかりのデジカメを雨に濡らしてまで撮影する気は無い。直ぐに戻ろう!




 緑一色。とても青空は期待できないのでファインダー内を緑色でイッパイにしょう!







 モミジかカエデか分かりませんがプロペラのような種が沢山実ってます。







 もうタニウツギの花が咲いてますね。この花が咲くともう直ぐ梅雨って感じですね。







 山ツツジももうそろそろ終わりですね。今年の冬の積雪が凄かったので、ひょっとしてまだカタクリの花やイワウチワの花が見れるのではないかと期待していたのですが…。終わりかけのカタクリの花を数本見付けましたが、イワウチワは艶やかな葉っぱだけでした。奥獅子吼辺りではまだ見れるのでは。





 真冬に見るサンカ杉より元気良く見えるのは気のせいでしょうか?







 登山道脇の1mぐらいのコシアブラの木は殆ど芽が摘み採られてました。あれじゃ大きくなる暇がないですね。これは登山道から少し林に入ったところの見過ごされたコシアブラです。もちろん摘まずにそのままに。でも見た感じ丁度食べ頃で美味しそうですね!





 山頂に近づくと天気が回復。森に光りが射し込みました。







 長い冬から目覚めたブナの木











 緑の中で身を委ねると心が癒されますね!







 医王山のビューポイント山頂に到着。雲っていますが明るい感じの曇りです。







 そうそう観音様に手を合わせ「復興祈願」!ジックリ覗きこむとすこし祠の中が汚れてますね。今度来たときに少し掃除でもしますか!






 帰りはマクロレンズに交換し山野草をクローズアップ。先ずは山頂近くで何とか色と形を留めて咲いていたショウジョバカマ。






 タムシバ







 タムシバを真横から!







 ガマズミ







 何スミレ?







 チゴユリ。












 チゴユリは花の時期が長いですね。登山口近辺から山頂近くまで広い範囲で咲いています。







 ヒメシャガ。シャガに比べ小さくて可憐です。







 何とか形と色を残しているカタクリの花。1週間前だとまだ沢山咲いていたでしょうね。







 フデリンドウ。ウッカリしていると見過ごしそうなほど小さいです。







 小さくても可憐なブルーが綺麗ですね!







 タニウツギと蟻。蟻が前を向いてくれるのを待ってましたが、思うようにならないのが生き物ですね(笑)







 ミツバチでも来てくれると絵になるんですがね。







 タニウツギの横の木苺のでしょうか?そこまでミツバチは来るのですが言う事を聞いてくれませんでした。







 ウスギヨウラクでしょうか。マクロレンズは対象物が小さいと合わせたい所でピントが合わずマニュアルで操作することもシバシバ。
 今回は青空は見れませんでしたが、なんとか天気も持ってくれたし山野草の画像が撮れたので満足満足!


 

 

Home 番外Top