10月29日(土) 所属している登山同好会の恒例行事、キノコ狩りと一泊宴会に参加する。今年は昨年に引き続き医王山栃尾登山口からキノコと紅葉狩りに登り始める!






 登り始めは標高400m位だろうか?紅葉は見当たらず鬱蒼と茂った緑の木の葉で薄暗い森と化している。







 キノコ捜査早々に登山道脇で見つけたナメコ。朝日に耀いて眩しいくらいだ!







 精霊が宿っているようなホウノ木の大木。







 この斜面を登ればキノコが発見できそうだが、少し先のナメコの出る木に気持ちが向かいパス!








 見晴らしの良い場所にでると上々の天気だと分かる。うず高い山はキゴ山。左に見えるのは金沢市街。







 山葡萄。黒い実を口に入れると甘酸っぱくて旨かった。














 いつもナメコが出ている木は不発だった。標高が上がるにつれ木の葉が黄色くなってきた。







 思ったほどナメコが見付からず、フトンチッドを身体に取り込み山歩きを楽しむ事に!







 もう直ぐ11月なのに暑いくらいの山歩き。今年の秋は気温が随分高めですね!







 富山方面の山だろうか?







 サワフタギの青い実。綺麗ですね!







 所々に紅いモミジが見れました!

 














 奥医王まで0.6kmという標識で先行している仲間に追いつく事を諦め(本当は目の前の急坂に恐れをなし)山を下り藪漕ぎしてナメコを探す事にした。






 奥医王山頂諦め3人組は藪漕ぎでやっと見つけたナメコの群生。







 でも思ったほどナメコを発見出来ず、更に山を下る。







 最後にまだ足を向けていない高圧線鉄塔の巡視路に入ると有りました!







 少し乾燥してますが品質的には問題ありません。これで鍋2回分くらい採れたかな!







 ふと足元を見るとクリタゲが。
 登山道に戻ると奥医王山頂まで登ってきた仲間と合流。その後登山口にあるロッジで宴会が始まった!

 

 

Home 番外Top