11月2日友人と共に能登島のF目(えのめ)漁港に出掛けた。私にとってクロダイ釣りは約1年ぶりだろうか。また、ここF目漁港に来たのは2年ぶりだ。12時頃現場に着くと、何時からこんなに人気が出たのだろうと思うほど、ファミリーフィシングが多く、それでも金沢近郊の釣り場に比べると、綺麗で非常に環境の良い釣り場だ。
 そして今日は11月なのに、半袖でも良いくらい暖かく、風も無く、波も無い最高の条件だった。ただお魚にとって最高の条件かどうかは…?
  
 私の今日の作戦は、クロダイのダンゴ釣りを5時間ほど行い、暗くなってからソフトルアーでソイ狙い。友人はかなり釣りの禁断症状が出ているらしく「今日は投げ釣り、ウキ釣り、サビキ釣り等色んな釣りをしたい」と豪語していた。
 昼食を取り、その後ゆっくり釣りの準備をし、第一投目のダンゴを海に投げ込んだ。すると風も波も無い静かな海に、丸い波紋が何処までも続き、私はその幾何学模様をのんびりと心地よく眺めていた。
  
 風も波も無いので、ウキに表れる微妙なアタリも大変見易かった。しかし釣り初めから30分くらいは何もアタリが無く餌がそのまま戻ってくるような状態が続いた。ようやくアタリが出始め、最初に針掛かりしたのは40cm前後のボラであった。竿のしなり具合と、最後の抵抗で水面を跳ね回るボラの音で、防波堤に居る人々の注目を浴びた。これが大物のクロダイならば鼻が天狗のようになるのだが、ボラではちょっと鼻もへし折れる。針をボラから外し、何事も無かったように釣りを再会する。
  
 ボラと言えば以前こんな経験をした事がある。この話も能登島が舞台で、須曽という小さい港でダンゴ釣りをしていた。ウキに微妙なアタリがでたので、アワセを入れた。すると、物凄い力で底に沈んでいく。これを2〜3回繰り返すと、「40cmは軽くオーバーするクロダイに違いない」と確信した。格闘の末ようやく水面に姿を表したのは、なんと予想に反して40cmオーバーのボラであった。それも針が尾びれ近くに刺さった、スレであった。全身から力が抜けた。
  
 そうこうしている内に小さな(20cm前後)のクロダイも釣れ始めた。それからシマダイにメジナにフグ、先程のボラと同じ位のサイズが後3匹。結局薄暗くなった5時過ぎまでに、目的のクロダイは20cm前後のものを4匹釣り上げたが、全てリリース。友人は投げ釣りで色んな種類の魚を釣り上げていた。釣果としては少し物足りなさを感じるが、釣りとしては天気も良くのんびりと出来て最高の気分だった。あまり釣れ過ぎると仕事みたいで大変だ。(釣れない釣り師の言い訳か?)
 カップめんなどで夕食を取り、いよいよ第2ラウンドの開始。暗くなっても依然風も波も無く、船溜まりにおいても、船がきしむ音、船に波が当たる音が一切しなし。
  
 友人はブッコミ釣り。私は足元にソフトルアーを落としソイ狙い。でもなかなか釣れない。やはり静か過ぎる海は、魚にとって警戒すべき環境なのか。友人も同じ状況らしかった。ソフトルアーを足元だけではなく、少し投げてみたり、あっちこっち歩いてみたりして、やっとソイを3匹釣り上げた。時間は既に10時に近かく、納竿する事にした。釣り上げたソイの内一番大きな25cmを1匹味噌汁用に持ち帰ることにした。
 温泉に入って帰る予定だったが、もう閉店時間。少し心残りではあったが金沢に向かった。その車中、今日一日のことを思い出し、のんびり釣りが出来た事や、有意義に過ごせた事に満足し感謝した。