6月13日(日)近くの渓流に向かった。日曜日はあまり渓には行かないのだが、台風の影響でかなり雨が降り、土曜が無理だったので今日の釣行となった。今回は知人から貰ったマウンテンバイクを車に搭載。オフロードを3km程マウンテンバイクで進み、そこから釣り始めようと考えた。午前4時ごろ現場に到着。釣り支度を済まし、まだ少し暗い中をマウンテンバイクで進んだ。


岩魚はこの日あまり釣れなかった






ヤマメの引きは岩魚に比べ強い



ヤマメのパーマークは綺麗だ

川の流れをスローシャッターで
 オフロードの坂道を心臓が口から飛び出しそうになりながらペダルを踏んでいたが、1kmにも達していない地点で「これ以上進むのはとても無理だ」と察し車の所に戻ることにした。自転車を車に仕舞い直ぐ近くから釣る事にした。30分ほどのロスタイム。もう若くない事を再確認。車で入れるこの場所は岩魚とヤマメが混在している地点。私としてはもっと上流で勝負をしたいのですが、いかんせん体力が…!「まあ歳相応で行きましょうか」と背の高い藪を、かき分け、かき分け、川に降下した。川に降りると金曜日の台風の影響で水かさが多く、でも笹濁りが入っていて大釣りの予感!




ヤマメの方が綺麗で、引きも強いのに、
岩魚が釣れると何故か嬉しい!

真っ直ぐ天に伸びる木々


台風の影響で水量が多く進み辛かった。スローシャッターで!

 ポイントポイントを丁寧に責めると、時々鋭いアタリがあるが針掛かりせず。チビヤマメだろうか?何度かめのアタリでやっと小ぶりのヤマメを釣り上げた。ミミズの餌ではヤマメの襲撃で一瞬に餌が無くなってしまい、釣り上げるのが難しい。(私がへぼだからかもしれませんが)体長5cmほどのパーマークのくっきりした超チビヤマメが針掛かりしたときには少々驚きましたが…。それでもたまに岩魚も釣れて気分は上々!自分としては何故か岩魚のほうが嬉しい気分。

精悍な顔付きのヤマメ




渓の空は狭い





カワトンボですかね?息を殺して撮りました


オオバギボウシの花
 ヤマメの襲撃に遭ったため目標にしていた終了ポイント手前で、餌のミミズがなくなってしまった。仕方なく玉網で川虫をすくってみるが、こんな時に限って川虫がくっ付いているような石が無い。やっとの事で川虫2匹を獲る事に成功し、最後の堰堤直下でその川虫を餌にまずまずサイズのヤマメを釣り上げ、今日は納竿。堰堤横の崖を攀じ登り林道へ。また例の如くデジカメ片手に車の所まで「のんびりぶらぶら命の洗濯」




タニウツギの上で楽しんでいる二匹

夏のような空でした



花びらが3枚のガクアジサイ