季節はもう9月。渓流シーズンも後わずか。渓流釣り師達はシーズンオフになると何をしているのだろうか?キノコ採り、山登り、海釣り、毛鉤巻き、など色々なオフシーズンの過ごし方はあるだろう。ただ何もする事が無くボ〜ッと過ごす時間があるとする。またなかなか寝付けない長い夜があるとする。そんな時渓流釣り師達は必ず思い出しているに違いない。「あの渓のあの淵で綺麗なヤマメが釣れたな」「そうそうあの滝壷で大きな岩魚を上げたっけ」
 そう渓流釣り師達はオフシーズンになると思い出に浸るのだ。


渓では午前6時頃でもまだ暗さが残る!




2年ぶりの岩魚の渓



跳ね回る岩魚の一瞬の静寂を撮らえる!

滑滝をスローシャッターで
 オフシーズンにドップリと浸るための良い思い出をつくるために、9月11日渓に向かった。今回は餌釣りで、岩魚を狙うため標高が高めの渓を目指す。午前6時頃に川に降り立ち釣り始めると、2年ぶりの場所にも係わらず、「あの淵で一匹」「この落ち込みで一匹」などと、つい最近の出来事のように以前の釣果を思い出す。その記憶どおりの場所で、アタリガある。アワセを入れて岩魚を引き寄せると、記憶にある岩魚の大きさと一致しない。どの場所で釣れる岩魚も思い出の中の岩魚より一周りも二周りも小さい。記憶の中の岩魚が思い出の中でドンドン成長したのか?





岩魚の赤っぽい腹


暴れまわる岩魚!

曇りがちの天気でしたが、時折日が差し込みました

思い出の中の尺岩魚を釣り上げた滝壷で、期待を胸に竿を出す。何度も何度も餌を流すが「ピクリともあたりが無い」残念無念。最近「ここぞ」というA級ポイントではなかなか良い目に合った事が無い。多くの釣り人が竿を入れるからに違いない。「昔は良かった」と、釣り人特有の言葉が頭の中をよぎる。木の枝が邪魔で竿が出し難い場所や、何気ないチャラ瀬、葦の生え際、そんな釣り人があまり見向きもしない場所で思わぬ大物を手にする事が有る。(でも最近はそんな場所でも良い目には合いませんが…)または土砂降りの雨の中で奴は突然現れることがある。

「ダイモンジソウ」思ってたより小さな花でした

ゲンノショウコウの花。胃腸病に効く薬草です

この白い花もゲンノショウコウでしょうか?

ちょっと名前が分かりません
 今日は大物に出会う事が出来なかったが、岩魚の数釣りを楽しめたし、デジカメで岩魚、滝、花など色んな画像を撮る事ができた。お陰で予定していた行程の3分の2ほどで餌のミミズが切れ、時間も押していたので本日納竿とした。
 車までの帰り道川の流れる音、爽やかな風、緑の風景、今日の出来事等を頭に焼き付け、シーズンオフに少しづつ取り出しては楽しむ思い出にした。
 




今日は岩魚が良く釣れました


先週登った白山方向。雲でよく見えません

口をあけると少し獰猛な感じがする岩魚

 


オフシーズンのために良い思い出をいっぱいつくらなきゃ!