先週までは雨のあの字も無く、梅雨どこ吹く風状態だった。今週状況一変、「雨」「雨」「雨」「大雨」災害をもたらすほどの大雨。丁度良い塩梅というのが、この世にはありえないのか?
 渓流釣りには雨が必要で、渇水状態では渓魚達はなかなか遊んでくれない。適度に降って水の色が笹濁り状態が最高、警戒心が薄れ大物の予感が…。でも今週は降り過ぎで土曜日の釣行を諦めボ〜ッと過ごしていた。


梅雨の大雨に洗われた緑が綺麗



今日はヤマメの一日でした

ガバッと水を割って出たヤマメ

 土曜日があまりにも良い天気で悪い虫が騒ぎ出し、日曜日午後から野暮用があったが、夜明けとともに釣り午前中で帰る作戦で急遽渓流へ。
 午前3時自宅を出発し4時過ぎに目的地付近へ、そこでなんと林道が崩落してるではないか。既に事故防止のために
はしてあったが気分は良いものではない。車を精一杯端に寄せ恐る恐る崩落現場を通り過ぎる。もう何年もこの渓に通っているがこんな事は初めてだ。短時間にものすごい雨が降ったに違いない。気分を入れ替え目的地に到着。釣り支度をしまだ少し暗さが残る中を川に降下する。川に降りてみると思ったより水量が多く、雪代の時期のように川いっぱいに水が流れている。



水量が多く水の中を進むのが大変でした


今日はテンカラより餌釣りのほうが…


大き目の毛鉤に喰らい付いたヤマメ

 この水量からするとテンカラより餌釣りの方が良かったかと後悔するが、今日は餌釣りの竿を持ってきてない。手持ちはテンカラ竿と予備にフライフィッシングのパックロッド。
 早速テンカラに自作の不細工な毛鉤を付け釣り上がる。水の抵抗が大きく川の中を進むのが重労働。ここのところの雨で餌が豊富に流れてきて満腹状態なのか?それとも私の毛鉤が食欲をそそらないのか?まったく反応が無い。たまに毛鉤を追う魚が見えたが「ガバッ」と水を割らない。一度は毛鉤を追ってきた岩魚と目が合った。


今日は大雨の影響で水量が多かったです




テンカラは勝負が一瞬ですがエキサイティング

山アジサイの花がいっぱい咲いてました




背ビレを立てて泳ぐヤマメ



白い色の山アジサイ
 ようやく綺麗なヤマメを手にすることが出来たが後がなかなか続かない。ヤマメを数匹釣り上げ予定の行程を4分の1位残したところで、水の多さで前に進むのが困難になりそこで納竿。まだ7時を少し回ったところだったが「今日はこれで良し」としよう!
 帰りにダムを見ると満杯。ここ何年もこんなに水がいっぱいのダムを見たことが無いので少しびっくり。雨もほどほどに降って欲しいですね。




崩落した林道。その横を恐る恐る…




満杯の水を湛えるダム


条件が悪くあまり釣れませんでしたが、それなりに楽しめました!

 

Home 独り言Top