早いものでいつの間にか9月になりましたね。もう直ぐ渓流釣りも終了となると寂しさが込み上げてきますよ。今のうちに少しでも良い釣り?をして、シーズンオフの間は布団に入る時それを思い出して、ほくそ笑みながら眠りに着きたいものです。
 先週は新潟付近でテンカラ釣りを、今日はあまり上等の釣りとは言えないかもしれませんが藪沢でチョウチン釣りをやりたいと、懐かしい渓に入りました。考えてみたら8年振りか、それ以上かもしれない?地図には川の表記はされていませんが、そこそこ水が流れています。でも「自分しか知らない」と入ってる釣り人は結構多いんじゃないかと思いますよ。ゴミはほとんど無いですが蜘蛛の巣が全然ありませんね!



朝モヤがかかり幻想的な夜明けでした!






考えてみたら8年振り?に訪れた渓でした






アキギリの花、サルビアの仲間です



今日も子供の岩魚しか釣れませんでした




子供の岩魚が居るのなら親が居てもイイのですが…
 それでも結構アタリがありますよ。でも「なんでお前がこんな大きな鉤を咥えるの?」ってサイズのばかりでした。お父さんお母さんは何処かに居るはずですが、今シーズンに入って釣られてしまったのでしょうか?イヤイヤ水が少ないですからね、どこかでビクビク警戒しながら潜んでいるはずですよ。大きい岩魚は警戒心が強いですからね。だから長い間生きていけるんでしょうけれど。雨がざ〜っと降っている中、合羽を着て頑張れば釣れるかもしれませんね。
 アタリがあってそ〜っと竿を上げ、小ささを確認できたら合わせを入れずに逃げていただくのを待つ。今日はそんな釣りも2〜3回ありました(笑)
 



いつの間にか終了間際ですね




今日は藪沢でチョウチン釣りを楽しみにやってきました

小さな藪沢では露光不足になりがちで、岩魚の画像は半分近く×でした






ツリフネソウの花、朝露の雫が綺麗です




日曜日の渓流は意外と静かでした

今年は後何回岩魚に会えるでしょうか?





あと少し頑張れば静かな禁漁期間ですよ!

 ドンドン釣り上がると林道に出れる仙道があったはずですが、久し振りなので見つからずそのまま川を下る事に。その方がかえって早かったりして…。8月初めに釣りをしたときは、ほとんど花が無かったけれど、川を下りながらゆっくり周りを見渡すと、アキギリ、ツリフネソウ、オタカラソウ等結構咲いてますね。
 林道を歩いているとまだまだ汗を掻きますが、風になびいている沢山のススキの穂が秋の気配を感じさせてくれますね。今年は後何回岩魚に会いにこれるかな?



実は燐粉系は苦手なのですが!





少し気が早いナメコ






まだまだ日中は暑いですが山は秋ですね!

 

Home 独り言Top