先週白山登山か渓流釣りか迷った挙句、買ったミミズを無駄にしないよう?9月16日午前4時前に起きた。気が付いたら今年の渓流釣りも後2週間。ひょっとして今日が今シーズン最後の渓流釣りかも知れない!餌のミミズも無駄にしたくないけれど、8月26日にアプローチや毛鉤の流し方の指導を受けたテンカラもやってみたい!そこで本日の行程の前2/3を餌釣りで、残り1/3をテンカラで楽しむ事にした。
 車を降り歩いていると次第に明るくなっていく空は朝焼けも見えるが、いつ雨が降りだしても不思議でない雰囲気だった。大雨にならない事だけを祈る!




午前5時半ごろ歩き始める。振り返ると朝焼けが!





6時ごろに竿を出し、直ぐに最初の1匹が!でも小さいな(笑





落ち葉の上で!秋を演出し過ぎか(汗





5〜6年前この滝壺で尺を釣り上げて以来、何年もの間アタリも無し。
ところが今回アタリが!心臓ドッキドッキ!
ついに姿を見せたのは小学生岩魚でした(涙






春に一度訪れているのですが、梅雨の大雨で渓相が変わってました。





今日はテンカラも楽しみました

まさに口の皮1枚で釣れました



 渓に降りて釣り始めるとポツポツと雨が…。でも合羽を着たりデジカメを終始ビニールパックに仕舞う程ではなかった。
 いつもの場所でいつものように餌を流せば直ぐにアタリが!ただ前回の釣行同様小学生?幼稚園?サイズの岩魚ばかり(笑)餌のミミズの減りも早いので、時々タモで川底をさらい川虫探し。川虫を付けてもサイズアップとはならなかった(残念)←(そう言う持ちネタのお笑い芸人も最近見なくなりましたね笑)「来年は大きくなってまた私の鉤に掛かってよ」と小さい岩魚を優しく川に戻す。


今日が今シーズン最後の釣行か!





アプローチを出来るだけ低い姿勢で!8月26日の教えでした!



防水デジカメではないので小雨の中大変でした

う〜ん!毛鉤が大きいのか?岩魚が小さいのか?



秋の渓流を代表するダイモンジソウです。釣りに集中していると気が付かない!





キツリフネ。先週の白山ではかなり見かけましたが大雨で撮れませんでした!


 行程が残りの1/3となりテンカラ竿を出す。今回この行程で初めてのテンカラだ。結構木も生い茂り竿が振れるか不安だったが、最初に振り込んだポイントから岩魚の姿が…。でも毛鉤を見に来ただけ…。釣れなかったがサイズも餌釣りよりいい感じ。次のポイントからも岩魚の姿が…!釣れてはいないが幸先が良いのでは…。十分に竿を振れるポイントだけを選び早いペースで釣り上がる。やがて1匹目を掛けるとその後連続して鉤に掛かった。ただ川が狭いため合わせ損なうと、必ずと言っていいほど毛鉤が木に引っかかってしまい、釣れなかった落胆と仕掛けを直す面倒臭ささで暫くへたり込む。
 今日が今シーズン最後かもしれない!心臓が不整脈を引き起こすような岩魚を見ることが出来なかったが、また良い思い出ができました。また来年も宜しく!


マルバダケブキ。雨でレンズが曇りソフトフォーカス!

サラシナショウマ。結構群生していました


釣行記を書いていたらまた行きたくなりました。ラストチャンスは30日か!

 

Home 独り言Top