6月16日 今だ金沢は梅雨に入らず。鬱陶しい梅雨の前に渓流釣りを楽しもうと、既に明るくなってきた午前4時目的の渓流へとひた走る。途中の本流で多くの車と大勢の釣り人を見掛けて驚く。よくよく考えてみると今日は鮎の解禁日だ。これで上流は少し静かになるかもしれないですね。


 車止めで釣り支度をし登山道を暫く歩くと途中で仙道に分かれる。そこから先は私の腰の辺りぐらいまで草が伸び放題で、足元が分かり辛い。歩き始めは仙道と川の間はかなり高低差があり、どうしても慎重になり歩行速度も亀状態になる。仙道が川にだいぶ近づき始めた頃、草の中の歩行に飽き飽きして川に降りることにした。当初はもっと上流から遡行するつもりでしたが…。


 川に降り立つと丁度川に架かる橋のように苔むした倒木に白っぽいキノコが生えていた。昨年の夏、上越方面で開催されたオフ会で見つけたウスヒラタケに似ていると思ったが、食べるには自信が無い。まあここは画像を残すだけで良しとしましょう(笑


 ウツギの花がいっぱい咲いていました。


 今日も岩魚に会えました。楽しいですね!


 釣り上げた後勿論撮影会になるのですが。時間を掛け過ぎると岩魚も体力を消耗しますね。放しても暫くはじっとしています。大丈夫かなと思って触ろうとするとサッと逃げ出し一安心。


 ウツギと川の流れ!


 釣り上げられてキョトンとした表情みたいですね!


 釣り上げた後川の中を暴れ回る岩魚。動きが止まる撮影チャンスを待っているが止まらない。仕方なく出鱈目にシャッターを押し続ける。


 薄暗かった渓流もいつの間にか明るくなっていた。梅雨入り前の良い天気。


 「あっ、何か川の中を走った!」当然岩魚かと思ったが、よくよく見るとなんとネズミだった。それが上流へ上流へと私の前を泳ぐんですよ!落ち込みになっているのでその上は大丈夫と思えば、気が付けばいつの間にか私の前を泳いでるんですよ。これじゃ釣りになりませんねと、笑うしかないですよ!家に帰ってから調べてみるとこのカワネズミ、モクラの仲間だそうです。結構珍しいみたいですよ。会えて良かった!かな?


 カワネズミに遭遇した後はさっぱりでした。でもなんとかちょっとだけ岩魚の顔を拝めましたよ!


 渓流で色んな動物に出会いました。カモシカ、狸、リス、ウリ坊、サル…。そして今回のカワネズミ。何卒次のページに熊と書かせないで下さい!神様!


 この後梅雨に入り大雨になったとき岩魚はどうしているのでしょうか?


 結構岩魚の歯は鋭いですね!


 これはマタタビの花だと思うのですが。実は適当に撮って来て後で調べたのですが(笑


 最初に予定していた入渓ポイントに到着すると、そこは私の背丈ほどの草が密集していた。見通しの聞かない渓流にホトホト疲れ納竿することに。5月の下旬ぐらいに訪れたら良かったかもしれませんね!


 いよいよ次の釣行はテンカラで頑張ってみましょうか!まあ梅雨の雨次第ですが…。


 帰りにルビーのような実を見つけました。一つ口の中に放り入れると甘すっぱくて美味しかったですよ。その後暫くの間、収穫タイムになりました。


 家に帰り洗って冷蔵庫で冷やした後いただくと、尚一層美味しかったですよ!

 

Home 独り言Top