毎年GW中に登山同好会のメンバーでキャンプに出掛けてのが恒例行事となっている。5月3日今年もその時期となったのだが、今年は体調不良のためバーベキューのみの参加となった。バーベキューの前に食材用やお土産用に山菜採りを行なうのだが私はいつも単独で岩魚釣りへ!でも最近は獲物を殆ど持ち帰る事無く皆から不評を買っている。



 今年は初めての渓に入る事にした。事前に岩魚が居る事を釣り人から確認済みだが、なにせGW真っ只中、しかも時間は9時過ぎで山菜採りシーズン、期待できる要素が無い。釣り始めて30分経ってもあたりが無ければ別の渓にでも場所替えしようと竿を出す。すると諦めかけていた30分後に28cmほどの良型が釣れたではないか。初めての渓での最初の1匹にはホッとさせられますね。



 しかしその後は竿がピクリともしません(涙)先行者が居るようです。登り始めて1時間、案の定山菜採り2名に遭遇。川の中もジャブジャブ進んでいたのでしょうね。その先を暫く登ると先程の山菜採り2名が今まさに宴会していた様子が手に取るように分かりました。川の横の岩の上には焼酎の空き瓶1本に缶ビールの空き缶2個。それにつまみの乾き物の空き袋が1枚。同じ山で遊ばさせて頂いている人間として寂しいですね。



 11時納竿。あたりは数回ありましたが警戒心が強く釣り上げる事が出来ません。まあGW真っ只中ですからね。結果スミイチ!お昼頃にキャンプ地に行くと事前に連絡を入れていたので帰りを急ぐ。




 天気が良くて気分が良かったのですが、散々の釣果と山菜採り2名が行なった自然を愚弄する行為、そして体調不良で帰り道はフラフラ状態。



 いったい何名の山菜採りがこの仙道を歩いたのでしょうか?




 いつの間にか新緑が眩しい季節になりました。




 




 1時間ほどでキャンプ地点に到着。既に宴会が始まっていた。




 貴重な獲物はぶつ切りにして山菜の天婦羅をする前に素揚げになりました。骨まで食べれて好評でしたがチョッと食べたり無なかったかな(笑)

 

Home 独り言Top