9月28日、早くも私の今期渓流釣り最終日となった。今年は4月の下旬より頚椎症の痛みに悩まされ、渓流にあまり足を運ぶ事が出来ずストレスが溜まるシーズンだった。最近はなんとか7割方体調が戻ったので最後は3週連続渓流遊び。約半年先の渓流シーズンまで楽しく待てるような良い思い出を作ることが出来ればイイのですが!




 どうした事だろうか?入ろうと思っていた目的の枝沢に、気が付けば見過ごして先を進んでしまっていた。戻るのも面倒なので、これも神様の思し召しかもしれないと直ぐに竿を出す。まあ日曜日とあって、あまり期待をしてはいなかったが、木の枝が水の中に沈んでいるポイントに餌を投入。こんなポイントは根がかりする確立は高いが大物が潜んでいる事が多い。するとアタリが…。大物ではないが一投目から岩魚の顔を見ることが出来た。まだまだと同じポイントに再度挑戦。またコトコトとアタリが!3回目はついに根がかり(笑



 画像を思う存分撮りながらの釣りなので、なかなか先には進めません。それにへぼつり師には珍しくポイントごとに岩魚が遊んでくれて益々スローペース。




 滝壺で竿を出した時大きな黒い影がゆゅくり動き、何故か餌ではなく赤い目印を二度程突っき姿を消した。まあ尺は余裕にあったな。餌のブドウ虫より赤い目印の方が美味しそうだったかな?その後何度も餌を入れるが音沙汰無し。来年の解禁日には雪の上を歩いて1番のりでこの滝壺に竿を出すぞ!








 ダイモンジソウがいっぱい咲いていました。







































































 今日は良い思いでが沢山出来ました。来年のシーズンまでは布団に入って眠る時、今日の事を思い出しながら楽しい気分で夢の中に…!

 

Home 独り言Top