毎年ゴールデンウィーク期間中、会社の登山同好会でキャンプに出掛けている。今年は長い間風邪気味で体調不良が続いている。それにキャンプ前日も仕事が忙しく準備も出来ない。
 5月1日GW初日午前5時過ぎに目が覚めた。何も準備はしていないが車には渓流釣りの道具は積んである。とりあえず渓流釣りに行って、お昼頃一旦家に帰りそれからキャンプの準備でもしようか!





 7時ごろ釣り場に着いたがさすがGW中と言うか私の出発が遅かったのか、渓流の入り口に既に車が2台。その内準備中の釣り師に釣り上がる場所を確認し別の渓に入る。丁度川が三又に枝分かれしていているのでトラブル無しだ!






 今までに1度しか釣りに入ったことが無い渓流だが、前回は1匹しか釣れなかったという苦い思い出の渓。たとえ1匹でも岩魚が居ることが確認できているので気は楽だ!






 前回とは違ってポツリポツリと岩魚が遊んでくれる。しかし車止めから直ぐに入れるような渓流なので釣り人が多いのだろう、岩魚はかなりスレていいてブドウ虫ではコツコツと突っつくのだがナカナカ食い込まない。そこで玉網で川の中を掬い川虫を捕る。





 川の中を玉網で掬うと色んな生き物が捕れる。カゲロウの幼虫、イモリ、サワガニ、あとは名前も素性も分からない芋虫みたいのとか!カゲロウの幼虫が1番使いやすいですけど、なかなか思うように捕れません。






 芋虫というかカブトムシの幼虫のような大きな虫を針に付けてポイントに入れると、岩魚特有のアタリ無しでいきなり根掛かりのような重さで暴れるような事無くゆっくり糸が動く。これは大物の予感!少し糸のテンションを上げると糸がゆっくり右へ左へ。合わせを入れゆっくり手元に寄せ玉網に入れる。泣尺くらいだろうか?











 今年は山仲間に岩魚の塩焼きをご馳走できそうだ!







 最近釣果には拘りませんが、釣れるとやはり楽しいですね!







 まだ体調不良なのにジャンジャン(活かし缶)持って移動すると疲れますね。







 ここで1匹釣れたかも?







 青空で気持ちが良いです。まだまだ釣れそうでしたが、キャンプにも参加しなければならないのでソロソロ納竿です!







 コゴミ畑の中のキクザキイチゲ。今年3度目でしょうか!



 









 棘棘が特徴のタラの木。分かりやすい山菜ですから林道に近いと成長する事が出来ないですね!







 またカタクリの花を見ることが出来ました!







 渓流から上がり、キャンプ地点に到着。皆さん拍手で迎えてくれました!







 折角大漁だったのに、塩焼き用の串が4本だけでした(笑)







 ネマガリダケを焼いて食べました。願わくばマヨネーズがあったらな!でも塩でも結構いけましたよ。
 ところで体調不良のためテントで泊まる事無く午後8時ごろ真っ暗な山の中から帰りました! 
 


 

Home 独り言Top