5月に入りGWから休みの度に良い天気が続く。5月8日GWが終わり2日働いただけで、もう休日で大変お得な気分。天気も上々でジッとはしてられない。事前に山菜に大変詳しい山仲間に連絡し、以前に聞いていたコシアブラの楽園に連れて行ってもらうようお願いしていた。数年前まではコシアブラの存在すら知らなかったのに、ネット仲間のコシアブラに関する書き込みや、実際デパ地下に売っていた1パックの値段を見て俄然採る気満々になった。




 画像はミヤマカタバミ。
 問題のコシアブラは話どうり楽園で仕舞いには採るのが飽きてしまった。







 コシアブラの楽園から移動し今度はネマガリダケを採る事に!ネマガリダケは今まで私の山菜エリア外であったがグリルで焼いて皮をむきマヨネーズを付けて食べるという超簡単メニューを会得してから山菜エリアに入れることにした。ちなみに私の山菜エリアの条件は採って直ぐに食べれるである。





 ネマガリダケ採りは藪漕ぎを強いられてかなりの重労働。疲れ果てて登山道に出て一休みしていると目の前にコシアブラが…。






 登山道の脇に咲くチゴユリ!



    

今日のネマガリダケとコシアブラの収穫です。















 5月15日(土)今日も五月晴れだ。最近仕事が忙しいせいか?それとも歳のせいか?土曜日の朝、超早起きして岩魚釣りに出掛ける気力が湧かない。そんな時は極普通に起きて人気の無さそうな川を探して行くのが良いと勝手に予測。午前7時ごろ地図上で以前から気になっていた川に向かう。





 最近は多くの林道で「山菜採り禁止通行止め」という看板があり、ロープで道路を遮断してある。そんなロープの手前で車を止め林道を1kmほど歩いて下る。川の流れの音が大分大きくなり林道から川に降りるポイントを探す。地図上では100mぐらいだが標高差がかなりある。藪の上を何かが通った跡が薄っすらある。釣り人か?獣か?木々に必死につかまりながらゆっくりと下降。もう少しで川が見えそうになったとき不意に臭いが漂ってきた。間違いなく獣の臭い。段々強烈に臭ってくる。以前目にした熊の糞の臭い。「これはヤバイ。両手が塞がっているこんな場所で遭遇はゴメンだ」鈴を鳴らしホイッスルを吹き必死に登り返す。やっとの思いで林道に着いてそのままへたり込む。



 折角の五月晴れ。このまま竿を出さずに帰る気がおこらない。その後車に戻り思いついたところに車を向けるがロープを張って進入禁止で阻まれる。最近は山の地主さんと私のような外部侵入者との摩擦が大きい。
 やっと着いた釣り場には車が数台。山菜採りの車である事を願い竿を持って川へ!さすがにお昼近くで岩魚の顔を見ようなんて考えが甘すぎる。結局2匹顔を見ただけで納竿。





 帰り道ミソサザイが居たのでカメラを構えていると、まだ幼いミソサザイが姿を現した。どうやら近くに巣があるようだ。







 今日は迷走した1日でしたが、五月晴れの下気持ちの良い空気が吸えてリフレッシュ!最後にハルユキノシタの画像を! 


 

Home 独り言Top